ダイエット成功3つのポイント


Point3- 炭水化物の食べ方

 

ダイエットの為に、炭水化物を一切食べらないようにしている。

というお話を良く耳にします。

 

ところが、こういったダイエットをしている人が失敗してしまう落とし穴があるのです。

実は、炭水化物を一切抜いてしまうと、血糖値があがらないため、いつまでも、お腹がすいた状態になって、
返って、おやつを食べてしまったり、我慢できずに、ドカ食いに走ってしまうことにつながります。

 

脳の視床下部というところに、私たちの食欲をコントロールしている「食欲中枢」というところがあります。

食欲中枢には、

「もう、満腹だからこれ以上食べないで」という食欲を抑える信号を出す「満腹中枢」と

「お腹がすいたから、もっと食べて」という信号を出す「摂食中枢」の2つあるのですが、

 

ダイエット中に働いて欲しいのは、食欲を抑えるための「満腹中枢」ですね。

 

「満腹中枢」は

1.胃が満腹になった。(お腹パンパン)とき。・・・ 物理的機械的な刺激

2.血糖値の上昇、インスリンの上昇 

などを感知して、満腹だからもう食べないで大丈夫ですよ。という信号を出します。

 

ところが、炭水化物を一切食べないでいると、

胃袋には結構入っているんだけど、血糖値やインスリン濃度が上がらない状態になるのです。

すると、満腹中枢は働かず、「まだまだ、もっと食べてください!」という「摂食中枢」から

信号が出続けることになってしまうのです。

 

こういった理由で、

炭水化物を一切食べない、または、ほんの少量しか食べない方は、

自分の脳から出る、「お腹がすいてます! まだ食べたい!」という信号と戦うことになるので、

大変苦しいダイエットになってしまうのです。

 

とはいえ、血糖値が上がりすぎるくらい糖質を食べてしまうと

カロリーオーバーになって、使わなかったエネルギー分を蓄えてしまうので、太ってしまうという事になります。

 

そこで、ある程度のラインで血糖値を維持しておく必要があるのです。

 

 

じゃあ、いったいどんな風に食べれば、ダイエットに効果的なのでしょうか?

 

「低GI食品を食べると太りにくい」というお話を聞いたことがあるかと思います。

 白米はよくないから、玄米にしましょう、という話もよく耳にしますよね。

これは、白米などの精製された食品よりも、精製されていない玄米の方が
血糖値が上がりにくいというところからきています。

 

GI値というのは、
「グリセミック インデックス」といって、
食後の血糖値の上昇を表す数値の単位です。

 

 

 

insulin.gif

食事をした後、食べ物は、消化(分解)されます。


炭水化物は「ブドウ糖」という一番小さい単位に分解されます。
そして、血液中に入っていきます。

すると、「血糖値」=血中グルコース(ブドウ糖)濃度が上がります。


そして、この血糖値が上がると、
「インスリン」が分泌される


という仕組みになっています。
「インスリン」というのは、脂肪を作るホルモンのことです。

こうやって、余分な糖分を脂肪に変えるているんですね。

 


実は、炭水化物を上手に摂る秘訣は! ここにあります。

 

「野菜・海草」と一緒に炭水化物を食べる事で、血糖値の上昇を抑えることができるのです。


すると、「インスリン」の分泌が抑えられる。
そして、脂肪になるのを抑えてくれるというわけなんです。

「低GI食品を食べると太りにくい」
というのを聞いたことがある方も覆いと思いますが、



右のグラフのとおり、
「野菜・海草」は、一緒に食べた食品のGI値を下げる効果が
高い食品なのです。bloodsuger.gif

つまり、
野菜・海草をしっかりを食べていれば、
いつもと同じだけ食べていても、
脂肪になる量が歴然と減ってくるという事なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、

炭水化物を食べないようにするのではなく、

食べる時は、たっぷりの野菜を食べるようにすることで



食事の量が自然に減っていき、
無理なく体重も減っていく、というわけです。

 


こういった方法であれば、

自分の脳に逆らったり、我慢をしいられることなく、
スムーズに痩せる事ができるというわけなんですね。


難しいことは何もありません、

野菜をたくさん食べるだけ! 

 

野菜は、ダイエットに欠かせない、天然のダイエット食品なんですね!!

みなさん、楽しく、おいしく、

ますますキレイで元気な毎日を過ごしましょう!

 

元気にやせる研究所 管理栄養士 中本綾美    

Copyright © yaselab.com Corporation. All Rights Reserved.