冷え症改善

冷え性って何? なぜなるのでしょう?

冷え性とは、血液の循環が悪くなって、手足の先まで熱が充分に届かなくなった状態をいいます。

私達の体では、寒いときには血管を縮めて熱を逃がさないように、逆に暑いときには血管を広げて 熱を体の外に出すようにして、体温調節をしていますが、この調節をしているのが「自律神経」と 呼ばれる神経です。

「暑い」時、私達の体では、毛穴を広げて熱を体の外に逃がしたり、汗を出したりします。 逆に、「寒い」と感じたときに鳥肌が立ちますよね? このとき、体では、毛穴をとじて、体温が下がるのを出来るだけ防いだり、 血を手足の先まで送り込んで、体温が下がらないように自動的に調節しています。

何かの原因でこの「自律神経」に乱れがでると、この調節がうまく行かず、 血管が必要以上に縮んでしまって、手足の先まで充分に血液がいきわたらない、ということがあります。

その原因としては、

  • 不規則な生活
  • バランスの悪い食生活
  • 行き過ぎたダイエットによるカロリー不足
  • 過度のストレス
  • 運動不足
などがあります。

私達の体の中で、熱が作られているのは、主に肝臓と筋肉の働きが影響していますが、 運動不足で、筋肉が低下したり、食事を摂らない、など無理なダイエットでのカロリー不足で、 必要な熱が作れなくなってしまったら、体は冷えてしまいます。

他にも、夏場でクーラーのよく効いた部屋、冬だと暖房の効いた暖かい部屋に慣れていると、 体はこの体温調節する必要がなくなり、自律神経に乱れが出てしまいます。 こういった、普段の生活が、冷え性を悪化させる原因となっているのです。

また、冷え性は、「手足が冷たい」など、不快な症状を引き起こすだけでなく、深刻な病気につながります。 血液の循環が悪くなると、体の隅々まで新鮮な酸素や栄養分がいきわたらなくなって、 さまざまな体の代謝が低下してしまいます。 たかが「冷え性」ではありません。

ほんの少し、気をつけるだけで冷え症はラクになります。プラス体質改善に努めれば、もうカンペキ!?

 

冷え症チェックで原因追究!

冷え症は、末梢血管の血行が悪いためにおこります。問題は、なぜ、あなたの血行が悪いのか?まずは原因を知って、しっかりと自分に合った対策を。

01 疲れやすく、休んでも疲れがとれずいつもだるい感じ。
02 ちょっとしたことでイライラする
03 疲れているのに寝つきが悪い
04 労作に関係なく激しい動悸が起こることがある
05 頭痛もちだ。
06 年中肩こりに悩まされている
07 手足、腰が冷えてるのに顔がカーッとほてる
08 最近、汗をかきやすくなった
09 憂うつになることがある
10 最近、トイレが近くなった
11 月経が不順だ
12 現在の年齢は35~55才の範囲内
13 朝起きるのがとてもつらい
14 胃腸が弱い。下痢、または便秘をよくする
15 寝不足でもないのに目の下のクマがとれない
16 長時間立っていると立ちくらみを起こすことがよくある
17 立ったままではフラフラして靴下が履けない
18 運動不足だと思う
19 顔色が悪いとよく言われる
20 爪が白っぽくて、すぐに割れたりかけたりする。
21 偏食気味(緑黄色野菜やレバー類が苦手)
22 肌がカサカサしていて荒れやすい
23 ダイエットをしている
24 耳鳴りがすることがある

あなたのYES が多かったのは何色ゾーンでしたか? いちばん多くYESと答えたところがあなたのタイプ。 いくつかにまたがってYESがあった人は、その複合タイプだと思って対策を考えてください。

01~06 にYES が多いあなた・・・自律神経失調タイプ

冷え症の人にいちばん多いのがこの自律神経失調タイプ。 自律神経失調症とまではいかないまでも、何らかの原因で交感神経と副交感神経のバランスが 崩れてしまっているために、血行が悪くなっているのです。 気がつかない間にストレスがたまっていませんか? 生活が不規則になっていませんか?まずは、規則正しい生活を心がけることが先決です!

07~12 にYES が多いあなた・・・ホルモンアンバランスタイプ

女性の一生には、思春期、妊娠、出産、更年期……ホルモン分泌の大きな転換期が何度も訪れます。 その時期には、肉体的にも精神的にもたくさんの変調があります。冷え症も、そのひとつです。 決して病気ではないけれど、やっぱりつらいのは嫌ですよね。 自分に合った対策をみつけましょう。ホルモンバランスを整える食べ物を積極的に摂るのもお勧めです。 また、病気など何かほかの原因でホルモン分泌が変化している場合もあるので、要注意です。

13~18 にYES が多いあなた・・・ポンプ力低下タイプ

血液は、心臓のポンプの力とそれを助ける心臓の筋肉の力によって、体のすみずみに送られるわけですが、 その力が弱くてきちんと送られていないのがこのタイプです。低血圧は、このポンプ力が弱いわけですが、 持って生まれた体質なんだから仕方がないと、あきらめないで。 低血圧でなお、それを助ける筋肉の力も弱いと、ますます血行が悪くなってしまいます。 さらに、運動不足で筋肉が弱っている人も、血流は停滞しがちです。 規則正しい生活を送り、3度の食事(とくに朝食)をバランスよくキチンととり、適度な運動をすることで、 かなり改善されます。

19~24 にYES が多いあなた・・・貧血タイプ

血管よりも、そのなかを流れている血液そのものに問題があるのが、このタイプ。 代表的なのは鉄欠乏型の貧血。各器官に送られていく血液中の酸素の量が不足しているため、 うまく栄養が燃焼されないのです。ですから、このタイプでは手足はもとより、 全身が冷えてしまうことになります。 まず、食生活の見直しが先決!

Copyright © yaselab.com Corporation. All Rights Reserved.